2018年からマジFX

漆黒のブラック企業に勤務している50手前のおっさんが、1年間腕を磨き2018年からリアル口座でのFXトレードをスタートさせた。 会社に頼らずに生きていけるようにもがいていく雑記ブログ。

【ネタバレ映画レビュー】Bohemian Rhapsody / ボヘミアン・ラプソディ

皆さんお疲れさま。NotRealMoneyです。

まったく自分の世代ではないバンド「Queen」のフレディ・マーキュリーとその仲間(家族)の物語。
その楽曲自体に興味を持ってなかったので、
「全米一位だったので、まあ観に行くか」
くらいの気持ちだったが、完全に油断していた。号泣しすぎて隣の座席まで嗚咽で揺らしてしまった…。
あまりにかけ離れた世界の人物だったのに「孤独」という点では大いに共感できる物語で、すっかりのめり込んでしまった。

自分が若かりし頃、バイト先で少し年上のお兄さんが毎日ラジカセで「Queen」をかけていて、歌い始めはカッコいいのに途中からオペラって理解できないと毛嫌いしていたのだけど、年を取ってそのバックグラウンドを知ると受け入れている自分が若干成長したというか恥ずかしいというか。

映画劇場の客入りも良くて、世代は自分より上の方が多いように見えた。

Amazonのプライムドラマ「ミスター・ロボット」で統合失調症のヘビーな主人公を演じているラミ・マレックが「出っ歯にしすぎだろー」とツッコミを入れたくなるくらい魂を込めて演じている。
プライムドラマは観ている方が付いていけないくらい難解な物語で、後半は疲弊してしまうくらいなんだけど、今回はアメリカ的というかハリウッド的というかセクシャルの面も含めてわかりやすく作られていた。

特にライブのシーンは素晴らしく、臨場感がものスゲー出来になっていてCGも含めてビジュアルも圧巻。1985年に行われた「ライブエイド」での20分の公演シーンは、大げさではなく魂が揺さぶられた。エイズ感染を仲間に打ち明けた「もう時間がない」フレディ・マーキュリーの歌声が胸に響くのだ。
今年一番泣けた映画でした。


20世紀FOXのオープニングからアレンジしている映画って、ほかには「エイリアン3」くらいしか思い浮かばないけどスペシャルな作品なんだろうな(会社にとっても)。
マイク・マイヤーズがクレジットされていたんだけどどこに登場しているのかさっぱりで、観終わってから検索してみたらEMIの社長役だった笑。メイクが凄すぎてこれはわからん。

他に気が付いた俳優はジョセフ・マゼロくらいだった。「ジュラシック・パーク」1作目で髪の毛が爆発する男の子。今回も爆発していた。

最近は毎回映画を見に行く前にサントラを聴くようにしている。
今回はほとんど「Queen」のアルバムみたいなもんなんだけど、やはり後半のライブエイドはよかった。
今聞いていても映画のシーンがよみがえる。



監督交代劇のあった映画って、たいていはコケてしまうことが多いのだけど今回は違います!!!!

U-NEXT ユーネクスト&に入会して新作映画「ドクター・ストレンジ」を無料で視聴できた。 - 2018年からマジFX


DisneyのFOX買収で業界の縮図が変わるよね。【Hulu】無料期間2週間で映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」までの総復習を! - 2018年からマジFX
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村