2018年からマジFX

漆黒のブラック企業に勤務している50手前のおっさんが、1年間腕を磨き2018年からリアル口座でのFXトレードをスタートさせた。 会社に頼らずに生きていけるようにもがいていく雑記ブログ。

【ネタバレ映画レビュー】Tomb Raider / トゥームレイダー/ファーストミッション 「Amazonプライム・ビデオ」

皆さんお疲れさま。NotRealMoneyです。

先日から新たに追加されたAmazonプライム・ビデオの映画「トゥームレイダー/ファーストミッション」のネタバレ映画レビューです。
2018年の春公開の新作映画がもう無料で視聴することができます。
Amazonプライムの配信サービスは月額400円程度で観放題なので他の配信サービスに比べるとかなりお安く、その上充実したラインナップになっております。


「Amazonプライム」サービスは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

主演をアンジーからスウェーデンの美女アリシア・ヴィキャンデルに変更してリブート。「エクス・マキナ」の美女ロボット役で脚光を浴びたマイケル・ファスベンダーの奥様で、個人的に注目している女優さんのひとり。

想定内の安定したアクションムービー。ララ・クロフト最新作

四の字フックなしで敵を締め落としてしまう細腕の主人公。
やっぱり父親は生きていた!のくだりもアンジー時代からの既視感。
どういうわけか、日本の「卑弥呼の呪い」が中心に物語が展開する。香港から漁船「忍耐力」に乗って日本の離れ島へ。魔女だった卑弥呼の魔力を秘密結社「トリニティ」が手に入れて世界を征服しようとするチープな世界観。
セットかロケセットかよくわからんが島にある卑弥呼の墓は日本は特に関係がない。以前のシリーズの方がマシだった。ゲームが元ネタの映画はアタリなしだが、残念ながら今作もそうなってしまった。

大富豪の冒険家の父親はやっぱり死んでしまうが、卑弥呼の呪いが実は病原体で…なんて時点で想像がついていてサプライズはない。最後のMMA対決にも勝利してのハッピーエンド。
3D公開を意識しての画作りだったので迫力はあったのだが感動はなかった。続編を匂わせていたが、もうないだろうな…。

すいません、結局毒を吐くばかりで笑。
気に入ったところは特にありません。なんというかアラフィフのおっさんにはちょっとムリだった。「おもしろ日本」の解釈が洋画で表現されてしまうと気持ちが乗らない状態になってしまう。
「ウルヴァリン:SAMURAI」とか全世界的にヒットしたとしても日本の表現がテキトーだと興ざめしてしまう。急にリアリティを感じなくなってしまうのだ。


この先、続編制作が決まったとしても主人公はアリシア・ヴィキャンデルではないかもしれないな。アメリカ国内での数字は赤字なのだが、ワールドワイドにはまあまあの売り上げ。
「ゲームが原作だと失敗」の法則は今のところ当たっている。

「Amazon プライムビデオ」はデバイスに制限はありません。
スマホやタブレットはアプリをインストールすればOK。大画面のテレビで視聴したい場合は「Fire TV」を購入すれば問題なし。
4Kの高画質で楽しみたい場合は:


低コストで押さえたい場合は:




U-NEXT ユーネクスト&に入会して新作映画「ドクター・ストレンジ」を無料で視聴できた。 - 2018年からマジFX


DisneyのFOX買収で業界の縮図が変わるよね。【Hulu】無料期間2週間で映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」までの総復習を! - 2018年からマジFX
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村