2018年からマジFX

漆黒のブラック企業に勤務している50手前のおっさんが、1年間腕を磨き2018年からリアル口座でのFXトレードをスタートさせた。 会社に頼らずに生きていけるようにもがいていく雑記ブログ。

【ネタバレ映画レビュー】Annabelle Comes Home / アナベル死霊博物館

f:id:NotRealMoney:20191014110252j:plain

皆さんお疲れさま。NotRealMoneyです。

普段はホラー映画を観ないのですが、先日Netflixで「死霊館のシスター」を視聴してしまいこれまでのシリーズをすべて観てしまったことになりコンプリートしたい気持ちに駆られ、劇場に足を運んでしまいました。


映画「死霊館」のスピンオフ。最新作だけど、空手のように流派が分かれすぎてもうどこからやってきた話なのか分からなくなってきました。
注目度も低く第1週目なのにお客さんも10人しかいませんでしたよ…。

低予算で大ヒットさせる天才監督ジェームス・ワンがプロデュース。最近はビッグバジェットの映画がメインで小規模ホラーは若手というかそんな感じの監督に任せています。

今回はアナベル系だけど、本流の主演2人ウォーレン夫妻もそこそこ出演しています。
その娘が主演で可愛すぎる女の子。マッケナ・グレイスってどこかで観たことあるなと思ったら、「ギフテッド」の天才少女だったんですな。

話は70年代なのでレトロ感満載なんですが、登場人物はなんとなく現代風オシャレです笑。


家の地下室に保管してある呪いのアイテムが数多く眠っているのですが、両親の留守中に部屋に立ち入ってしまい(当然)、異形の者たちに襲われていくというわかりやすいストーリーでした。両親が外泊してその間はシッターさんが泊まり込んで娘の面倒をみてくれるんですね。アメリカっぽい。


いままで封じ込まれていた霊だか悪魔だかが一気に子どもやシッターやその友達に襲い掛かります。これまでのシリーズにチラチラ登場していたキャラクターが大放出!
まさに「心霊アベンジャーズ」とも言える大集結ムービーでした。
遺体の目に置いてあるコインが暗闇から転がってくるシーンはおどろおどろしく、少しだけヒヤヒヤしましたが(強がり)、あとは気楽に観ていられました。
最終的に親子愛の感動シーンへとつながるホラーでした。


ウォーレン夫妻以外は知らない顔だらけで、若手の皆さんが頑張っている映画でした。

大画面で配信サービスを視聴するなら「Fire TV」シリーズがベストです。

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
人気のFire TV Stickに新登場のAlexa対応音声認識リモコンが付属。テレビの電源・音量操作・ミュートボタンで、対応するテレビの操作が可能に
Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon Fire TVシリーズ史上もっともパワフルなStick、人気のFire TV Stick(第2世代)より80%以上もパワフル
新登場 Fire TV Cube - 4K・HDR対応、Alexa対応音声認識リモコン付属
Fire TV CubeのAlexaに話しかけるだけで、テレビの電源オン・オフ、音量操作をはじめ、各種アプリの起動や対応コンテンツを音声で操作することができます