2018年からマジFX

漆黒のブラック企業に勤務している50手前のおっさんが、1年間腕を磨き2018年からリアル口座でのFXトレードをスタートさせた。 会社に頼らずに生きていけるようにもがいていく雑記ブログ。

【映画】Black Panther / ブラックパンサー

皆さんお疲れさま。NotRealMoneyです。 高いハードルを楽々と乗り越えた空前絶後の大ヒット、「ブラックパンサー」を観に行ってきた。 チャドウィック・ボーズマン扮する元大統領オバマのような主人公。 前作の「キャプテン・アメリカ3」で架空の国ワカンダの国王である父親を殺害され ブラックパンサーを引き継いだ。 監督作品の常連でアポロの息子マイケル・B・ジョーダンは敵役として登場。アベンジャーズからはホビットが参戦。ヒロインはアカデミー女優のルピタ・ニョンゴ。そして愛するウォーキング・デッドのミショーンことダナイ・グリラ。とにかく豪華。ヒット確定している映画なので当たり前か。 本編ほとんどがブラックパンサーの紹介と、ワカンダでの物語。他の映画からの参戦があるのかなと思っていたがホビットのみだったので少しさみしい。キャプテン出るかな?という予想は外れた笑。 マーベル公式あらすじ: 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』への参戦も決定! マーベル史上最も謎を秘めた新ヒーロー<ブラックパンサー>が登場! 世界が、彼の秘密を狙っているー 若き国王ティ・チャラ、またの名を漆黒のヒーロー<ブラックパンサー>。 2つの顔を持つ彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの“秘密” ──“ヴィブラニウム”を守ること。 それは、世界を破壊するパワーを秘めた鉱石だった。 突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、人類の未来をも脅かすこの国の“秘密”を守る使命を負う事に。 だが――「私に、使命が果たせるのか…?」 ミステリアスな新ヒーローが躍動する、ハイスピード・アクション・エンターテイメントが幕を開ける! ストーリーは極めてシンプル。ごちゃごちゃしているところもなく予習なしでも入り込みやすい映画だった。 この先「アベンジャーズ3」にうま~く絡んでいくキャラクターだと思われる。「アベンジャーズ3」の予告編ではキャプテンやらハルクやら、ミショーンたちと映り込んでいたので次作の期待も大きい。 ブラック・パンサーの薬草?を飲んでから夢の中で先代に出会うことができるのも話を分かりやすくしていると思うな。 控えめな国王ティ・チャラ: チャドウィック・ボーズマンの柔術がすばらしい!極めておいて情けもかける、男の中の男である。 もう40歳超えているのね。円熟味のある俳優だった。 アクション的な映画はじめてなのかと思っていたが昨日テレビで残念な映画「キング・オブ・エジプト」に出演していたのね。 もっとラッパーみたいな明るい感じだと思っていたが(偏見)、超絶まじめであった。 コツコツ努力型の国王もいいかなと思ったほど素晴らしかった。 監督ライアン・クーグラー: 映画「クリード」を成功させた若手監督。まだ31歳。今回の大ヒットでも謙虚な感じ。 次作「Wrong Answer」でもマイケル・B・ジョーダンと組む予定。4作連続か。 大絶賛されている敵役: 言わずと知れたイケイケの俳優。マイケル・B・ジョーダン。彼無くしてはこの映画は成立しないだろう。 彼の出演する映画に外れ無し!20年前のウィル・スミスを彷彿させる若手ナンバー1。 やっぱり「自らその道を選ぶか…」というポジションが良い。完全なる悪ではなかった。 この先のマーベルの勢いも陰りがないな~。正直言って強すぎる。「アベンジャーズ4」までの流れが気になって気になって…。

U-NEXT<ユーネクスト>に入会して新作映画「ドクター・ストレンジ」を無料で視聴できた。