2018年からマジFX

漆黒のブラック企業に勤務している50手前のおっさんが、1年間腕を磨き2018年からリアル口座でのFXトレードをスタートさせた。 会社に頼らずに生きていけるようにもがいていく雑記ブログ。

【映画】Mission: Impossible - Fallout / ミッション:インポッシブル/フォールアウト

皆さんお疲れさま。NotRealMoneyです。

きれいにまとめる気がない映画レビュー」です。
f:id:NotRealMoney:20180813092511j:plain

待望の第6作を観てきました。前作「ローグ・ネイション」からの正当な続編でシリーズ初めての試み。

ハッキリ言って過去最高にして最強の作品だった。

あのテーマを耳にすると、自然とアドレナリンがでてしまう体質です笑。
20年以上も前に1作目を劇場で観てから刷り込まれてしまったようだ。
すっかり緩くなってしまった体でも命懸けてるトム・クルーズの姿に自分も感化されてスポーツジムに駆け込んでしまう。まあ、コレも無駄なんだけど…。


おじさんね、そんなつもりなかったけど涙してしまいましたよ。
前作に出演していなかったミシェル・モナハン(3作目の奥さんジュリア)とシッポリしてからのエンディングだと思っていたので、いい意味で裏切られた感満載でした。

f:id:NotRealMoney:20180813095117j:plain
オープニングから夢の中にモナハン出てくるので「何かしら起こるよね。」とおもってたけど、そんな浅い展開ではない!


離婚して再婚したけど、愛してます。的な。
びっくりしたうえに悲しかった。
シリーズ最低「M:I:3」のハッピーエンドを台無しに、みたいな。でもこれでよかったと思ってます。


アレック・ボールドウィンを殺したのが唯一の心残りで、軽傷っぽいかなと思ってたのにトムが「残念です。」って別れを告げたのも淡白でした笑。
このくだりから次作が気になり始めました。 f:id:NotRealMoney:20180813095304j:plain

もはや、トム・クルーズが体を張るのは当たり前で緊迫感たっぷりの生々しい映像に仕上げているカメラワークも相当なもんだ。

f:id:NotRealMoney:20180813095325j:plain
この後、骨折して離脱。ジャッキー・チェンの「サンダー・アーム」みたいだ。
息をのむシーンの連続で中だるみする事のないテンポの良さも秀逸。
なんかもう集大成だよね。次作は無くても納得します。 f:id:NotRealMoney:20180813095330j:plain アクションは前作より見劣りしてはいけないので、どんどん激しいものにしなくてはいけない。
この高すぎるハードルを越えまくっている映画って他にもあったっけ?

スーツ着ると肩幅の凄すぎる男、ヘンリー・カヴィル(スーパーマン)の格闘シーンも派手なアクションではなく、格闘技に近いリアルな殴り合いがすばらしかった。
f:id:NotRealMoney:20180813100348j:plain 劇中後半からかもし出される「悪党」のオーラはすさまじいものがあった。


2015年の主演作「The Man from U.N.C.L.E.」。

トム・クルーズが主演予定だったのにキャンセルになってヘンリー・カヴィルに。もしかしたら当時から目を付けていたのかもしれないね。
とてもいい悪人でした。

アンジェラ・バセットはいつも通りの存在感で良いのか悪いのかよくわからん役。登場シーンは少な目なのにけっこう印象的だ。

f:id:NotRealMoney:20180813095339j:plain
昔から強い女性を演じ続けている。
1995年の「Strange Days」あたりからこのポジションに位置しているような俳優である、気がする。

今回もチームで活躍するIMF。あんまりIMF感はなくなったんだけど…。
「世界を悪から守る」ために命がけ集団。お決まりのチーム編成。ジェレミー・レナーは居なくなっちゃったけど。
次作があればきっとたぶん、アレック・ボールドウィンのポジションなのだろう。

レベッカ・ファーガソンはこの映画だと透明感のある美しさが際立つ。
他の作品だとそうは見えないのが不思議だ。おじさんの胸が苦しくなります笑。

f:id:NotRealMoney:20180813095344j:plain
タイトな衣装がお似合い過ぎます。
モナハンとの絡みも若干ハラハラしてしまいました。
身長的にもトム・クルーズとの相性はいい。長身のモナハンよりはファーガソンと一緒になった方が安定感があるが、その辺は最終的にボカシてあった。
個人的に彼女の「MEN IN BLACK」にも期待は大きい。SF「LIFE」に続いてソニー・ピクチャーズ作品も増えてきたね。

他の2人(天才サイモン・ペッグ、体の重そうなヴィング・レイムス)はいつも通り。
そして今回も大悪人のショーン・ハリスが登場。

f:id:NotRealMoney:20180813100531j:plain
「死にきれない男」。もはやレギュラーか?
彼がいなくては今回の続編はなかっただろう。風貌が前作から大きく変わってしまったが、特徴的な声で「あ、コイツか」と気が付く人が多いハズ。
先読みのできる大天才で、彼のシナリオ通りに物語は展開。最後の最後に大逆転でトム・クルーズの判定勝ちみたいな、文字にしてしまうと前作と流れは変わっていないが映画そのものはものすごく変化している。

マジで次作が気になるがこのペースで作品が進むと、トム・クルーズは60歳前後になってしまうのでそろそろ終わりにした方がいろいろと良いかなと考えたり。
スパイダーマンみたいにリブートしたりした方が良いのかもね。そんなことないのはわかってるけど。

今回もユニバーサルスタジオの映画だったので、アマゾンでの配信は早いだろう。来年の春先までには無料で観れるんだろう。

過去の5作品はすべて無料。ユニバーサル系の映画だったら配信スピードの速いプライムビデオで。


サントラも最強で、あのメインテーマが随所に!オープニングからエンディングまでふんだんに使われているのでアドレナリンが全開になること間違いなし。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村